成長が著しいプリペイド市場での足場固め

マスターカードはカード市場で最も成長著しい分野の一つで事業拡大を狙いトラベレックスのプリペイドカードプログラム管理事業を買収しました。

トラベレックスが金融機関や小売店、旅行代理店、外貨両替店など世界各地のビジネスパートナーに提供する消費者および企業向けの旅行用プリペイドカードの管理・発行事業を取得したのです。これには、企業が複数の通貨にまたがって給与、日当、経費を精算するための業務用プリペイドカードの管理代行業務も含まれます。

買収に伴い両社は、トラベレックスの店頭やオンラインで販売されているプリペイドカード「Travelexキャッシュパスポート」プログラムについても、マスターカードが管理サービスを提供する長期契約を締結しました。買収された後、管理するのはマスターカードですがカードの発行・販売そのものはトラベレックスが行っています。世界最大の外貨両替専門店トラベレックスは、成長著しい旅行用プリペイドカード市場のパイオニアであり、トラベレックスキャッシュパスポートを発行し、海外旅行の際の金銭の所持や支払いを安全かつ便利にするサービスを提供しています。

同買収は、マスターカードとトラベレックスの長年にわたる強固なパートナーシップの延長上にあることを物語っています。2社は、トラベレックスのカード事業の大半をマスターカードブランドでの運用に移行することで合意し、トラベレックスがMasterCard Integrated Processing Solutionsのプリペイド取引処理手続きをグローバルで導入するなど、関係を深めてきました。

なお、買収に伴い、トラべレックスジャパンのカード事業部門は新会社カードサービシーズジャパン株式会社となり、MasterCardのグループ会社としてキャッシュパスポート全般に関するサービスと提供することとなりました。

  • 10分程度で手軽に利用できるクレジットカードの換金をキャッシングのような感覚で利用する方が増えていようです。
  • キャッシュバック率や申込から振込までのスピードなどを一覧で紹介する現金化比較サイトもあります。
  • クレジット現金化は一時しのぎには使えますが、負債が増えることには変わりありませんので使いすぎには十分注意しましょう。