利用可能な場所で決済ができない?

マイナーマスター問題(Minor Master Problem)とは

極まれに、マスターカードのステッカーが張ってある加盟店でも、利用が出来ない事があります。マスターカードが日本で発行されたときに複数の銀行系クレジットカード会社がそれぞれ加盟店を開拓をしたため、システムの互換性がなく後でシステム変更をしたという経緯があります。

当初、日本で発行されていたマスターカードは日本国外での使用が前提となっていたため、国内では使用できませんでした。
そのため、店頭にマスターカードのマークが掲示してあっても実際に決済できるのはその店と契約しているクレジットカード会社のみで、混乱を招いてしまったのです。
そこで、DC・MC・UCの各社間で相互に伝票をやり取りすることで決済を行うようになり、その後、DC、MC、UC、三菱UFJニコス、オムニカード協会、オリエント、CF、ジャックス、ライフ、クレディセゾン、イオンクレジットサービスが参加して、マスターカード・ジャパンを設立、MasterCardを利用した各社間の決済が可能となりました。
ただし、これはあくまでマスターカード・ジャパンへ加盟している会社間のみで決済できるだけで、加盟していない日本国内マスターカード発行会社とは決済できませんでした。

この問題をまとめてマイナーマスター問題と呼んでいます。

現在、MasterCardの決済は原則としてMasterCard Worldwideのネットワークを通じて行われるようにシステムが改善され、発生し得ないはずなのですが、更新していない古いクレジットカード端末機など残っているため、マスターカード・ジャパンに加盟していなかったカード会社、あるいはまれに最初に相互決済を行った3社以外のMasterCardを認識できないケースが少数ではありますが、まだ存在しています。
古い端末機がなくなっていくことで解消に向かっていますが、端末機は加盟店側で購入しているものが多いため、故障などが発生しない限り、加盟店側による交換は少なく、今後も残っていくと考えられています。加盟店によっては使えない場合の対処方法としてUCブランドを利用するというところもあるようです。

  • 現金化の口コミサイトは数多くありますが、下記のように参考になるサイトはかなり限られるのが現状です。
  • 申込をするときはクレジットカード現金化のランキングサイトなどで業者を吟味し、もっとも対応のいい店舗を選ぶことが重要です。
  • 総量規制後、キャッシングに代わり少額の現金を都合する手段としてカード現金化が利用されています。